カゲロウ酔夢譚

大好きなフライフィッシング、永い付き合いのジャズ、そして気まぐれな旅や愛してやまないお酒の話など、今日もほろ酔い気分で独り言
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
桜花(しばらくおやすみ)
 花曇でちょっと肌寒かったけど、気晴らしにと吉祥寺までの散歩に出かけた。武蔵野市役所の近くの桜並木を歩きたかったのだ。

道の両側から桜の枝がせり出していて、まさに桜のトンネルなんだけど、こんな写真じゃ全く伝わらないね。

あっという間に4月。今桜花満開。

東急デパートの催事場を覘くと、「諸国名店とうまいもの大会」をやっていた。そこでこんなものを見つけて、即買った。

なんと、2年前に妻女と行った奥尻島から出店していたのだ。「2年前に行ったんですよ。」と言うと、店のお兄さんと女性は「来てくれてありがとうございます。」とニコニコ顔で、いろいろなものを試食させてくれた。

「あっ、三升漬けだ。」と妻女が言うと、「ご存知ですか?」とビックリ顔。

今晩はこれとギョウジャニンニクの醤油漬で一杯やるのだ。

こんな本に105円で出会うと、本当に嬉しくなってしまう。

「パリンドローム」スチュアート・ウッズ著(文春文庫)

パリンドロームとは回文のことらしい。あの上から読んでも下から読んでも同じ文になるやつ。「たけやぶやけた」みたいに。

閉鎖された島の中で起こる殺人事件など、伝統的なミステリーの王道を感じさせる作品だが、その意外性が大きくて楽しめる。

こちらも105円。

「嘘、そして沈黙」デイヴィッド・マーティン著(扶桑社ミステリー)

この殺人鬼は恐い。

こんなうまい作家の事を全く知らなかったなんて、ミステリーファンとはいえないな。

突然ですが、ブログの更新をしばらく休みます。というか、休まざるをえないのです。

実はこのパソコンXPなんだけど、今月サポートが切れたって大丈夫だろうとたかをくくっていた僕に、会社のシステムプロが「ネットにつないじゃ絶対ダメよ!」と言い切った。
機械オンチ、ITオンチの僕はそれをすっかり信じ込んでるというわけで・・・・。

いつ再開できるか分かりませんが、しばらく失礼します。

本を抱えてぶらり旅 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0)
横浜中華街「海員閣」
 長女の結婚披露パーティに出席して、我が家に泊まっていた次女を、妻女といっしょに横浜のシェアハウスまで車で送っていった。

ちょうど昼時だったので、久しぶりに横浜中華街まで足を伸ばした。

中華街のメインロードからちょっと外れた香港路にある「海員閣」は小さな古い建物の中華レストランである。しかし、狭い店の前の路地にはいつも入店を待つ長い人の列ができている。

休日のこの日も長い行列を覚悟して店に行くと、10人ほどの待ち客で、いつもなら30人以上並んでいるのが当たり前なので、僕たちは喜んで列の一番後ろに並んだのだった。

20分ほどで入店できたが、ここでは1時間以上待つのが当たり前なのだ。

写真はなんでしょうか?ここでいつも注文するこれは、メニューによると「車えびの殻煮」とある。大降りの海老が3匹(これが日本で言うところの“車えび”かどうかは分からないけど、そんなことはこの際どうでもいい)、殻毎ぶつ切りにされてニンニク、しょうがなどのスパイスを効かせて、醤油そしておそらく紹興酒ベースで炒め煮されている。さすがに大海老なので殻は固いので、それを“アチチッ”といいつつ手で剥きながら食べるのだが、これが旨いのよ、ほんと。当然手がべたべたになって、店で出してくれるお手拭を使うんだけど、それじゃ拭ききれなくて、これを食べに行くぞと決め打ちのときは、家から濡れタオルを持っていくのだ。

そのほか、肉がギュッと詰まったここのシュウマイも外せない。写真のとおり醤油に芥子を溶いて食べるのもいいが、上記海老を炒めたソースに絡めて食べると、もう幸せ。

他の料理はすごくリーズナブルな値段だけど、この海老はちょっとお高い。前回来た時よりもまた少し値上がりしている。本当にたまのプチ贅沢を楽しんだ。それにしても車なので飲めないなんて・・、せっかくの「海員閣」なのに・・・・・・。

帰りに、「江戸清」で大きな肉まんを2個買った。また妻女と二人の晩御飯だ。
阿仁多の食生活 | 11:51 | comments(2) | trackbacks(0)
結婚披露パーティ
 昨日3月14日は、昨年入籍した長女の結婚披露パーティであった。

会場は、池袋のサンシャイン水族館。

6時に一般の営業を終えた後、パーティスペースとして貸切ができるのだった。

ほの暗い会場で、青く明るく浮かび上がる水槽のなかを魚がゆっくり泳ぐ様は幻想的だ。

とはいえ、若者と子供達ははしゃぐものだ。

ずっとバンドをやっていた旦那の関係で、ロッカーも出席してくれ・・・・。

パーティは盛会のうちに締められた。

とにかく幸せになってくれ。

今夜もほろ酔い | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0)
シーズン終了
 広島牡蠣のシーズンがもうすぐ終了する。

実はこのシーズン終了間際の牡蠣は、実が大きく育ち深いこくでとても美味なのだ。

"じごぜん”は“地御前”という地名で、宮島の対岸に当たる。地御前神社の祭神は、宮島の厳島神社と同じである。

いつも注文させてもらう峠水産(たおすいさん)はここ地御前にある。

発泡スチロールのなかには、500グラムのパックが二つ。大粒の牡蠣がびっしり入っている。到着してから3日間は生で食べられるのだ。

早速昨晩は牡蠣を使って・・・といっても相変わらず写真がへたくそで何が何か分からないですね。

真ん中が、牡蠣に加え海老や豆腐、椎茸を入れた蒸し物。左下はレモンを絞って生で。右下はやはりシーズンを終える能登の海鼠。右上は春キャベツを使ったコールスロー。そして左上が昨春北海道のOさんからいただいたギョウジャニンニクを醤油漬けしたもので、僕はこのようにあめ色になるくらいしっかり漬けたものが好きだ。

当然熱燗がすすんじゃったのだ。
阿仁多の食生活 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0)
ザ・ローリング・ストーンズ
 ザ・ローリング・ストーンズなのだ。

1962年に活動を始めたストーンズを、ラジオの深夜放送で聞いていたのは、僕が小学校5〜6年生頃だったか。その頃、少ない小遣いを貯めてストーンズの「黒く塗れ」や「Satisfaction」のドーナツ版を買っていた。表裏1曲ずつで確か350円くらいじゃなかったかな。それを卓上のポータブルプレーヤーに乗せてゆっくり針を落とす時の緊張感を今も忘れない。

初めてストーンズのコンサートに行ったのは、1990年だから今から24年も前のことだ。「スティール・ホイールズワールドツアー」で、会場は今回と同じ東京ドームだった。

今回のコンサートは、生協のチラシに案内が載っていて、妻女が「こんなのがあるけど、申し込む?」と言ったんだけど、僕はまさか買えないだろうと思っていたので、「ああ。」と生返事をしたところから始まった。

後日「買えたみたい。」という妻女の言葉にビックリ。そして感謝、感謝。

僕のS席は3塁側のバルコニー席。
ステージからアリーナ席に伸びている花道の周りがゴールデンサークル席で8万円なり。

7時に場内が暗転し「Start Me Up」のイントロがガーンと響くと、もうアリーナ席は総立ち、55000人の観客の平均年齢はかなり高いと思われるが、一気に青春時代に引き戻される。

新しい曲を交えた前半も良かったが、後半になって、「Miss You」「Paint It Black」「Gimme Shelter」「Jampin' Jack Flash」「Sympathy For The Devil」「Brown Sugar」と続き、アンコールの「You Can't Always Get What You Want」「Satisfaction」と一気の演奏は大迫力もので、そして素晴らしいショーだった。特に「Gimme Shelter」の時の女性のバックコーラスリサ・フィッシャーとの掛け合いは鳥肌が立つほどだった。確か24年前のステージでも同じようなシーンがあったように思えたが、勘違いだったかな。

70歳を過ぎていようが、ドームの篭ったような音響効果も、多少高いと感じるチケット代も、もうどうでもいいと思わせるような超一流のエンターテインメント。ふと気がつくと、僕の右斜め前の席に座っていた同年輩のおしゃれなお客さんが、メガネを外して目頭を押さえていた。

ザ・ローリング・ストーンズなのだ。
今夜もほろ酔い | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0)
スィーツにライズ
 先週末は、二人の娘が帰ってきた。北海道スィーツで釣ったのだった。

ロテル・ド・北倶楽部のチーズフォンデューパンとショコラピリエ

ショコラピリエはこんなんですよ〜。
おいしそうでしょ?

スポンジのチョコレートは濃厚でこくがあるんだけど、生クリームは甘さがとても抑えてあってオジジにも食べやすかった。

娘や妻女の反応は最高でしたよ。ライズしっぱなし。

Oさんありがとうございました.
今夜もほろ酔い | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0)
パコ・デ・ルシア逝く
 ギタリストのパコ・デ・ルシアが66歳で亡くなった。

アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシア。3人のギタリストの超絶技巧にびっくりさせられるライブ版。

パコはその名前から分かるとおりスペイン人で、フラメンコギタリスト。彼の情熱的な演奏は、二人のジャズマンの音と相俟って、聴く者を圧倒する。

あっという間に2月が終わってしまった。

渓流が解禁になったが、つり始めはいつになることやら。

「暗く聖なる夜」マイクル・コナリー著(講談社文庫)
ハリー・ボッシュシリーズの9作目(?)

ジャズテイストいっぱいのミステリー。
今までこのシリーズは4作しか読んでいない。やっぱり通しですべてを読んでみよう。コナリー上手い。
JAZZの魅力 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0)
あの日に帰った
 大雪で決行となった飛行機の代わりに、久しぶりに新幹線に乗って広島に帰った。昔は5時間10分、今3時間50分。それでも長いよなぁ。

約160人の還暦高校同期生。同じクラスの旧友も22人出席。

最初は誰か分からなかったり、多少の緊張感もあったが、あっという間にあの日に帰った。

ほとんど48年ぶりにあう同級生は、それぞれ様々な人生を歩いてきて、いろいろなことを積み重ねてきたんだろうが、そんな個人的なことをこまごまと話すわけでもないのに、5時に始まった1次会はクラスごとの2次会・3次会まで続き、ホテルに帰ってきたのは夜中の2時30分だった。

もうこんな規模であの日に帰ることはないのだろう。

それにしても楽しい時間を過ごすことができた。

翌朝、二日酔いの僕をひとりホテルに残し、同行のF君はある人に広島空港で会うため、一足先にそそくさと出かけていった。彼も間違いなくあの日に帰っていた。
今夜もほろ酔い | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0)
また大雪・・・でも行くよ
 先週に引き続き、今週末も大雪になった。

昨日午前から降り始めた雪は、昨晩中降り続いたようで、我が家のベランダは庇から落ちてきた雪でこんな具合。

今朝は雨に変わっているが、風が強く大荒れの天気だ。

実は今日は故郷広島で、高校の「還暦同期会」が開かれる。300人くらいの卒業生だったと思うが、予定では160人ほどが出席予定らしい。我がC組も20人がエントリーしている。僕は今までクラス会というものに出席したことがないので、ほとんどの人が42年ぶりの再会となる。

問題は、この天気。今朝早く、予約していたフライトは欠航が決まった。用心のために新幹線も予約していたのでそちらで行くことにするが、時間通りに動くかどうか?

爆弾低気圧男の面目躍如ということだ。

正直、ちょっとした緊張感とワクワク感を感じている阿仁多でした。さて準備準備。
今夜もほろ酔い | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0)
大雪と知事選と入れ歯?
なんでも東京は45年ぶりの大雪とかで、都心の積雪は27センチになったそうだ。

私が住む多摩地区は、もっと積もったような気がする。

この写真は土曜日9時30分の我が家の前だが、これからまだ今朝日曜日の未明まで降った。こんなに長時間の降雪も珍しいな。

昨日はこの雪の中、仕事で小田急線の読売ランド前駅まで出かけた。約束の11時に20ほど遅刻してしまった。
 
仕事といってもちょっとした面談で、30分で終わり。

吉祥寺まで戻ってきて、雪景色と通行人の様子をつまみにしながら昼飯のラガーを飲んだ。

ここのところ歯医者に通っていた。左上の奥歯がしみて、さらに硬い物が全く噛めなくなってしまっていたのだ。実は右下の奥歯2本は、虫歯でぼろぼろになって5年以上前に抜いたまま放置していたので、左右とも奥歯が使えない困った状況になってしまっていた。

ネットで見つけた“無痛治療”をうたう歯科医の先生は、60台半ばの説教大好きの先生で、いやぁ、呆れ顔でこんこんと私の心得足らずに対し、だめだしを続けたのだった。

しかし治療は大変手際がよく、歯石を除去し、かぶせていたものが外れて危なく歯が割れそうになっていた左上の奥歯を治療し、右下奥歯の2本の入れ歯を作ってとりあえず治療が終了するのに、約2ヶ月間、9回の通院で済ませてくれた。

ところが、この奥歯の入れ歯の違和感たるや困ったもので、歯に装着しているだけでごろごろして気持ちが悪い。まして物を噛むことなどとてもできない代物なのだ。件の先生に言わせると、「阿仁多さんが5年以上も放置してこんなことになったのだから、5年くらいかけてなれるようにするしかないんですよ。」と妙に納得感のあるお叱りなのだ。

まあ、そうなんだよな。歯石を取るだけで5~6回も通わせ、「阿仁多さんは歯石が着きやすい体質なのかも・・・。」と訳の分からないことをのたまわり、抜いた奥歯のあとは是非インプラントを・・・・と薦めた女医に嫌気がさして放置したのは、みんな私のせいよね。

入れ歯を外して歯を磨くことの違和感ににも慣れるしかない還暦のジジイであった。

今日は都知事選。もう右寄り知事はまっぴらだが、元大臣も元総理も今一で、腰を上げるのに一苦労している。マンションの屋上(ひさし)からまたドカッと雪がベランダに落ちて来て、早く選挙に行けとけしかけた。
今夜もほろ酔い | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/46PAGES | >>



PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS