カゲロウ酔夢譚

大好きなフライフィッシング、永い付き合いのジャズ、そして気まぐれな旅や愛してやまないお酒の話など、今日もほろ酔い気分で独り言
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 飲兵衛の願い | main | 釣りに行けない日は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
阿寒湖フライ事始め
2002年6月、僕と釣友のM氏は紋別空港のレストランで目と目を見詰め合い、来年6月のリベンジを誓い合って、羽田に向かう機上の人となったわけだが、その機内でどちらともなく「やっぱり北海道はフライだよね。」という合意形成がなされたのは自然の成り行きのような気がする。(ルアーファンの皆さんごめんなさい。ルアー始めて2年程度の僕たちが言うことではないと重々承知はしているのですが、なにせ阿寒湖のフライフィッシャーがかっこよくておじさんの胸をきゅんとさせたものですから・・・。)

そんなわけで2003年の2月、当時僕は前職の横浜支店に籍を置いていたが、そのときの取引先であるN沢氏から聞いていた、小金井市にあるフライフィッシングショップ「ループトゥループ」をたずねることとなる。そこには店長の横田さん、柴山さんが僕たちをフライ狂へ向かう正しい処方をしてくれることとなるのだ。

何もわからない僕たちは、いわれるままに最低限の道具をそろえる。イメージがとりあえず北海道・阿寒湖でのリベンジが目標である僕たちは、まず・・・・
 6番のロッド、リールにフローティングラインとシンキングラインを巻いてもらい(もちろんリーダーも結んでもらったばかりか、ティペットまで・・・なにせノットの方法がわからない、ラインの太さ重さの表示がわからない、おまけに老眼で近くが見えない)、いくつかの浮かべるやつと沈めるやつの代表的なフライ(タイイングしない僕は、今でもフライの名前がわからない)、それにフロータントやフォーセップなどの小物も一通り。

「よーし、これでオッケー!」とはいかないのがフライなのよね。
次にやるべきは、キャスティングの基本を習得すること。まあ6月の北海道釣行までは
間が有るから、余裕余裕と思っていたが、なんと気が付けば5月の中旬ではないか。あわてて横田さんのキャスティング練習会に参加したが、これが難しいの何の。
全くラインが思うように伸びていかない。フォールスキャストでは切り返しのタイミングが早すぎたり遅すぎたり、「エイッ」とばかりにシュートしたラインが3メートル先にフニャフニャと着地、回収しようとしたらライントラブル、こんなこと皆さん経験あるよね、ね、ね。

それでも少しずつ形になり始めるとともに、横田さんが「遠くに飛ばさなくても釣れます。湖でのドライ場合一度キャスティングしたら、じっくり辛抱強く待ったほうがいい。」などのアドバイス(ひょっとして慰めかな?)をもらい、僕たち怪しいオジサン二人は無謀にもこの一度の練習会参加のみで、2003年の6月、再び北海道に向かう機上の人となるのだ。

待ってろよ!阿寒湖のアメマス。

阿寒湖フィッシングランドで翌朝の渡船の予約をお願いし、遊魚証を買った僕たちはとりあえず大島沖へと車を走らせた。いつもの駐車場には20台以上の車が止まっている。いそいそと身支度を整え、いざ格好と志は一流のフライマンの出陣だ。全くの初心者の僕たちは、へたくそ具合を笑われることは覚悟はしていても、人様にご迷惑をおかけすることは本望ではない。とても横一列の一員にはなれないので、人の少ないところを選らんでウェーディグし早速実釣開始。

はたして一度の練習会参加者の釣果はいかに?結果はというと・・・・・。皆さんが期待されている通り、悲惨な状態でボウズ、じゃなくナント釣れたのよ、これが。ホントホント。
へたくそなキャスティングとライントラブル、挙句の果てはラインと一緒にロッドを飛ばしたりと、湖面にフライが漂っている時間より何らかのトラブルに見舞われている時間のほうが圧倒的に長かったけど、モンカゲロウのダンに黄金色のアメマスは飛びついてくれたのです。こんなやつに釣られたアメちゃんもかわいそうではあるけれどね、そういえばネットに入ってきた彼は人のじゃなく魚の良さそうな顔をしていたなあ。(感謝)

そのときは夕方近かったけど、僕たちは運良くモンカゲロウのスーパーハッチに遭遇していたのです。大げさじゃなくモンカゲロウの乱舞です。僕たちのウェーディングしているすぐ後ろの浅瀬でアメマスが捕食しているんだから。僕たちはアメマス以上に興奮していたけどね。

この写真は翌年の阿寒湖です。携帯の写真がブレブレだけど、50センチオーバーのアメちゃんにおじさんも興奮。
釣れないおじさんの「釣々草」 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 10:22 | - | -
COMMENTS

POST A COMMENT









http://kagerounouta.jugem.jp/trackback/10
フライの極意
お手軽セットだけど、良く釣れます。侮るべからず(^ヘ^)v・・柳沢ルアー&フライ・フライフィッシングにはまっている長男坊・阿寒湖フライ事始め・Salt Flyfisher・29日の日記・Fishing club HUSLER 8月例会「狩野川水系」・久々にルアー購入・暑中・手取川サケ
| ルアーの感想 | 2007/08/06 10:47 PM |


PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS