カゲロウ酔夢譚

大好きなフライフィッシング、永い付き合いのジャズ、そして気まぐれな旅や愛してやまないお酒の話など、今日もほろ酔い気分で独り言
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋だけど | main | 心地よい二日酔い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ジョージって?
 吉祥寺のことをジョージとかジョージタウンと呼ぶには年をとり過ぎているし、そもそもそんな呼び方、今時の若者だってしてないか。

まあそんなことはどうでもいいけど、吉祥寺は間違いなくジャズが似合う町だと思う。40年前に大学生の僕が初めて吉祥寺に来たときは、すでにたくさんのジャズ喫茶があった。そして嬉しいことにその多くが、今も営業を続けていてくれるのだ。ジャズという音楽を単に店のバックグラウンドミュージックとして使っているのではなく、しっかり腰をすえて音楽をきかせてくれるジャズ喫茶やライブハウスが根付いている町吉祥寺は、今晩もおじさんを魅了する。

先日仕事帰りにぶらり。

伊勢丹デパートの後に出来た商業施設「コピス吉祥寺」の路面ステージでジャズライブをやっていた。名前も知らない若いプレーヤーのトリオだったが、非常に高いレベルで「チュニジアの夜」を演奏していて、思わず聞き入ってしまった。CDは買わなかったけど、ちょっと投げ銭は多めにね。

日々吉祥寺は町の様子を変える。消えていく風景の中には、「残して欲しいのになあ」と思うところも多いが、そんなところも新しくなってしまうと、以前そこに何があったのか、すっかりえ忘れてしまうのだから、人の感傷なんか案外はかなかったりする。

このイギリスのブランドは、娘がロンドンから嫁に雑貨を送ってくれていたので知っていた。結構街中で目につく気がする。パルコのこの部分に以前何が入っていたかなんて、おじさんにわる訳なし。
JAZZの魅力 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 22:41 | - | -
COMMENTS

POST A COMMENT









http://kagerounouta.jugem.jp/trackback/310


PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS